【営業マン必須】格安SIMカードで利用しなくなったスマホを2台目として活用する

現在、月額1000円以下で使える「格安SIM」が各メディアにおいて大きく取り上げられるようになってきています。正直、そもそも格安SIMとは何か、これを利用するとどのようなメリットがあるのか、イマイチよく分からない方々も多いかと思いますが、やはり世間を賑わすにはそれなりの理由があると思います。「自分に格安SIMは合っており、活用することが大きなメリットとなるのか」をまず知る必要があるのではないでしょうか。ただ、一つイメージできるのは、「メインでなく2台目として特定の目的に特化して使用する際は有効である」ということ。今は消耗品となったスマホ。皆様も先代のスマホが家に多く眠っていることでしょう。ここでは、格安SIMの基本的なポイントを紹介します。

「格安SIM」「SIMカード」とは

 「格安SIM」は、「SIMカード」を使った低価格なインターネット・通話サービスのことを指します。そしてSIMカードとは、端末で利用するスマホなどの回線情報が記録されているもので、これがなければスマホは通常の通信をおこなえません。また、SIMカードを取り出して他の端末に挿せば、その端末を自分の回線契約に紐づく端末として使用できるようになります。

「格安SIM」の特徴

 格安SIMの特徴は、無駄を省いて自分の必要な用途だけに限定することで、安く通信サービスを使用できるということにあります。格安SIMでは、音声通話サービスの有無やデータ通信量に関する選択肢などが豊富にラインナップされているのです。

「格安SIM」のメリットとデメリット

 格安SIMのメリットとしては、「月額料金が安くなる」「プランを柔軟に選べる」ということが主なものでしょう。また、デメリットとしては、「音声通話に対応していないものが多い」「利用できないキャリア関連サービスが多い(キャリアメール・キャリア決済・年齢認証ほか)」「テザリングを利用できないケースがある」「データ通信の制限がシビア」ということがあります。格安SIMの使用目的は、「費用面でのメリット」が主なものでしょうから、きちんとデメリットを把握し、自分にとってそれが「致命的なデメリット」になるかどうかを判断する必要があるといえます。

「格安SIM」の選び方のポイント

 格安SIM選びのポイントは主に次の項目を自分自身のニーズと照らし合わせて検討することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)