【スーモ】都道府県別の平均賃料

20170608_01

お部屋の賃料は当然、都道府県ごとに違いがあります。基本的に都市部ほど高く、地方ほど安い金額になっています。
都市部はそれだけ収入を受け取れる状況がありますので、生活するマンションも高くなる傾向があります。

一番高いのはやはり東京

賃料が高いところはやはり東京で、その周囲にある都道府県は大体高い設定になります。東京都はワンルームでも7万円以上、1DKだと10万円近くに達しています。神奈川県はワンルーム6万円台で借りられるところも多いので、平均賃料としては東京都より安いです。埼玉県なら5万円を切るところもあり、東京都よりも周囲のところへ行けば節約できるチャンスも生まれてきます。
東京に匹敵するくらい開発が進められている愛知県、特に名古屋市の周囲ですが、こちらも平均賃料は大体5万円程度です。大阪も5万円程度とされていて、東京の金額が群を抜いて高い傾向にあります。このように東京は賃料の高い地域であり、その周囲にある住みやすい神奈川は高い傾向があります。逆に生活する時に不便になる場所が多いところは、比較的平均賃料が安い傾向にあります。これは都市部でも同じことです。

地方ではどのような状態なのか

地方でも宮城県仙台市を中心とした地域はそれなりに高い傾向があり、大体5万円前後でワンルームを借りられます。しかし更に地方と言われているところは安く、岩手県や秋田県には3万円台が平均となっているところもあります。北海道は3万円クラスが多くなっていて、ワンルームの賃料だけなら日本で相当安いです。
ワンルームの金額は、北陸地方や中国地方は大体4万円程度、九州は高いところで5万円クラスが多いですが、4万円程度で借りられるところも多くなっています。地方ではさらに安いとされているところもあり、平均で3万円を切るような地域も存在しています。関東の都市部が相当高い金額になっている状態、そして地方ではかなり安い状況がここからも分かってきます。

都市部と地方の違いを踏まえて平均を知ろう

平均よりも高いことは、それだけ満足できる内容にされていることが必要です。そして平均よりも安いなら、その中で住みやすいとされている環境なのかも考えていくことになります。
関東は高い傾向があり、それから離れるごとに安くなることもあります。交通の便なども影響していますが、平均よりも高いかどうかは考えたいポイントなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)