東京の不動産で一獲千金?優良物件の見分け方

不動産に関連するWEBサイト、専門誌などを見ていると、しばしば非常に耳寄りな情報を発見することがあります。信頼の置けるホームページ、事業者の発信している情報なら、それを利用しない手はありません。ときに不動産は、それがどのような条件で売買されているかということ以上に、「誰が」その情報をもたらしてくれたかが重要になります。

例えば、バブル期には、一獲千金を狙えそうな物件が東京には数多く存在しました。とはいえ、投資を行っていたのは不動産の専門知識がない素人ばかり。彼らがどのような基準で物件を選んでいたかというと、ほぼ仲介業者にその判断を一任していたのが実情です。結果、バブルが弾け、数多くの投資家が損害を被ったわけですが、これはあくまで例外的なケース。専門知識がない以上、売買の可否はある程度、専門家に判断を委ねるのが正しい方法です。

事実、堅実な経営で知られた不動産業者はバブル崩壊以後もその損害を最小限に留めていますし、着実に業績を回復しています。あなたの有する専門知識の程度に関わらず、あなたに耳寄りな情報をもたらしてくれたのは誰か、その人物(企業)が信頼の置ける存在なのか否か、再考する習慣を身につけるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)