副業で賃貸の経営者!成功する人・失敗する人

賃貸経営に必要な2つめの資質は「効率を重視する姿勢」。ちょっとうがった言い方をすれば「面倒くさがり」な人に賃貸経営は向いています。前回ご紹介した「積極性」と相反する資質に思えるでしょうか?ではこういう風に考えてみてください。「楽をするために学ぼうとする積極性」が必要である、と。事実、不動産の経営者・投資家は「不労所得」を目的に事業をスタートしている方も多いのです。

管理が面倒…集客が面倒…もっと楽に稼ぎたい。でも手抜きが許されない部分、それが「楽をするための準備」、すなわち「情報収集」なのです。そして、その情報を効率的に活用し、日常的な業務は極力、他人に丸投げしてしまえる姿勢。日本にはこういう人、あまり多くありません。楽をして稼ぐと、罪悪感・不安を覚える方も多いため、そんなこと上手くいくはずない、と考えがち。この思考にはまる方は、不動産事業に不向きです。

普段はサラリーマンとして働きながら、副業レベルで不動産事業(もしくは投資)。自社サイトなど活用し、人を雇うことなく高収入、管理や集客は業者に丸投げ。そう、ひたすら効率を重視したからこそ行き着く結論なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)