売買の際に経営者が支払う「仲介手数料」

通常、不動産の売買は売り手・買い手双方の仲介業者を経て行われます。その際に発生する「仲介手数料」は、法律により上限が定められています。手数料の目安となりますから、事前に確認しておきましょう。

取引額200万円以下→取引額の5パーセント以内
取引額200万円~400万円以下→取引額の4パーセント以内
取引額400万円以上→取引額の3パーセント以内

必ずしも上限額を請求されるわけではないので、仲介業者を選ぶ際には設定されている手数料も大切な指標となります。また、仲介手数料は必ず売買の「契約が成立してから支払い」ます。したがって、見積もりや問い合わせの段階では、いかなる費用も発生しないのが普通だということを覚えておいてください。

※支払いのタイミングについては、契約締結時に5割、物件の引渡し時に残りの5割としているケースが多く見られます。支払いの時期・方法などは依頼主と業者間で協議のうえ決定することもできます。

仲介業務によって発生する費用については、その全額を業者側が負担することになっています。集客のための宣伝・広告費など請求されることはありません。ただし、依頼主の希望に基づくもの(追加広告やリサーチなど)については、個別に請求することが認められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)