なぜネット上に物件コンバートが必要なのか

不動産の物件コンバートは、ネット上においてその価値を発揮します。なぜ必要なのか?それはすでに多くの同業他社が、インターネット上に様々な物件を公開しているからに他なりません。かつては「近場」にサービスや仲介業者を求めていたエンドユーザーが、現在ではネット上により「安くて魅力的な物件」を探しています。こうして「地の利」が喪失されることは、ネットビジネスの台頭による最も大きな変化の一つに数えられます。

とはいえ不動産の分野においては、その商品・サービスの性質上、まだ地理的な優位性が残されています。例えば関東に居住を予定している場合、わざわざ九州や北海道の業者に仲介を依頼することはありません(少なくとも通常は)。一方、持ち運び可能な商品においては、そういった購買行動が頻繁に行われています。

さらに具体的な例を見ていきましょう。隣り合う不動産会社AとBが、全く同一の物件を扱っていると仮定します。そして仮に、一方(A社)だけネット上に物件を公開し、もう一方(B社)がしていなかったら?近隣のネットユーザーはA社が独占することになるのです。これは極端な例ですが、類似する現象は業種を問わず、全国各地に生じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)