不動産サイトにPPCがおすすめの理由

私は不動産サイトにPPCをおすすめする、いわば「PPC論者」の一人です。PPCはその性質上、「薄利多売」のビジネスモデルには不向きであり、その意味ではSEMのような柔軟性がありません。しかし不動産は「薄利多売」とはまさに真逆といって差し支えない性質を持つ「商品」であり、その意味においてPPCのモデルに適合しています。

とはいえ、PPCは計画・運用について難しい側面を有している手法であり、コンバージョン(成約)に至る仕組みも様々。ときにエンドユーザーからは専門家でさえ予測し得ないような反応が返ってきます。SNSが有望な広告媒体となっている昨今、その複雑さの度合はますます深まっていくかもしれません。

例えば、「SNSとPPCとSEM、そしてSEOはどのように連動しているのか」という問いについて考えてみましょう。私の記事をここまで読み進めてきた読者なら個別の概念は理解できても、その関係性、影響の度合や相対的な有用性を明示することは困難ではないでしょうか。どの分野を自力で行い、あるいは自動ソフトに頼るのか。さらには専門家のサポートを得るべきはどの点か…まずは大きな全体像から思い描いてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)