エンドユーザーに優良サービスとして自社HPをPRする「会社概要」とは

会社概要のページを準備するなら、ぜひエンドユーザーに自社HPを印象づけるような、魅力的な内容を考えてみましょう。最優先していただきたいのは、企業や経営者の「見える化」。例えば経営者の顔写真、従業員が働いている風景や社内の画像など掲載して、視覚的に訴える方法がネット上では広く採用されています。

インターネットの「匿名性」は消費者に安心感を与える一方で、取引相手が見えないことに対する不安も喚起します。その不安を払拭するために、まさに「見える」形で画像や動画が役立ちます。あわせて企業理念など掲げるのであれば、安心感に訴えるような内容を。過去の実績、保証内容など全面に押し出すのも良いでしょう。

賢いエンドユーザーは会社概要からその企業の信頼性、安全性、さらにはサービスの質まで見定めようとします。特に高額物件の取引を検討しているユーザーにおいては、取引相手の「人間性」は重要な関心事。もちろん、より実際的なやり取りは電話、メールなどを通じて行われることになるわけですが、そこに至るまでの「最初の一歩」が、すでにネット上では24時間、不特定多数のユーザーによって思案されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)