不動産サイトの心得!メール問合せのマナー

不動産サイトで自社物件をPRする場合、主な問い合わせの手段はメールです。電話による応対と同じく、メールによる接客にも一定のマナーがありますから、あらかじめ確認しておきましょう。私の主催するセミナーでは「メールの書き方講座」など不動産業者に向けて開催しています。

さて、メールで問い合わせがあった場合、まず心がけていただきたいのは「簡潔な返信」です。要点にのみ言及することを心がけ、不必要に営業色を出さないでください。例えば、Aという物件に関して聞かれたなら、Aについてのみ応対し、加えて類似の物件B、Cを紹介したり、来店を促したり、こちらから質問を投げかけたりしてはいけません。無断で宣伝用のメールを配信することも控えてください。興味の無い広告、PRなど、お客にとって「迷惑メール」でしかありません。

性急に顧客との距離を縮めようとすると、無用の警戒心を与えてしまう恐れも。とはいえ、あまりに素っ気ないメールもNG。ボリューム(文字数)は、顧客のメールと同等かそれ以上にすることを心がけます。レスポンスも大切なポイント。定休日は別として、24時間以上顧客を待たせないように注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)