不動産特化のホームページを作成する上での心構えに関して

四葉のクローバー

ここ最近、東芝不適切会計のニュースで企業風土や断れない雰囲気を作っているなど
騒がれています。

よく、営業(不動産、広告等業種問わず)でお断りをされるケースがあると思います。

私も営業を行ってきた中でお断りをされたりすることもありますが…
逆に私の場合、断ることもあります。

私の場合よく社内・社外を含めCS(customer satisfaction)とよく言っています。
CSとは顧客満足度です。
私の場合、営業時にこのCSはよく頭の中に思い浮かべてます。
逆に、このCSのストーリーが思い描けなければ、
お断りをしています。

断る勇気を持つ人は社内や社外を含めて、
なかなか難しいことだと思います。
ですが、どうしたらよろこんでくれるか。
お客様とのコミット数値等色々とあると思います。

その上で、お客様との関係性を構築していく為には、
まず、ご迷惑をおかけしないことを最低条件に、
断る勇気を持つことが営業マンとしての考え方だと思ってます。

断る勇気を持つだけでなく、
CSを目指すうえで、
開発サイドの人間には、納期×品質。
営業サイドの人間には、結果×過程。
ここも大事だと思います。

考える前に、
初めから考えた上でのビジョンを大切にしていこうと再認識した
一日でした。

営業部 一同

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)