不動産関係者様へ一覧

【最大50万円まで】平成30年度小規模事業者持続化補助金始まっています。

小規模事業者持続化補助金とは日本商工会議所や全国商工会連合会の支援を受けながら経営計画(事業計画書、創業計画書)を作って申し込めば50万円の補助金がもらえるという制度です。 この補助金の名前にある「小規模事業者」とは、従業員数の少ない会社、個人事業主のことです。 創業間もない会社、個人事業主の多くは…

【ドイツ】ベルリンで家賃値下げデモ行進!

【ドイツ】ベルリンで家賃値下げデモ行進

【ドイツ】ベルリンで家賃値下げデモ行進 少なくても6,000人の人々がベルリンで家賃値下げデモ行進を行った。 二つの意見が対立している。それはビジネスライクに考え利益を求める企業側vs自治体や国を支えるという意味での低い家賃の供給を求めるデモ参加者。 シティはベルリンの壁崩壊後の1989年以降は、…

【マンション】ニューヨークで最もマンションが高いエリアが決定したようです。

ニューヨークはとても高い。ニューヨークタイムズによれば、マンハッタンのマンションは100万ドル(約1億1千万円)を切って、不動産の相場は少し落ち着いてきたとのこと。 そこで、ニューヨークのどの番地が一番高いかご存じだろうか? いくつかのデータや調査の項目を分析したところ一番高い番地はマンハッタンの…

【話題】どっちもがんばれ!金足農業高校vs大阪桐蔭

大阪桐蔭 1 柿木蓮(3年)U18日本代表 2 小泉航平(3年)高校No.1捕手 3 石川瑞貴(3年)中学日本代表4番 4 山田健太(3年)中学世界大会優勝 5 中川卓也(3年)U18日本代表 6 根尾昂(3年) U18日本代表 7 宮崎仁斗(3年)少年野球日本代表 8 藤原恭大(3年)U18日本代…

騒音問題ですっきり解決する方法

 ご近所トラブルの代名詞である騒音問題。初めのうちはお互い様と思えても、何度も繰り返されると「もう限界!でも注意するのも・・・」とストレスは溜まる一方ですよね。賃貸なら不本意ながらも引越すことができますが、転居先で再び騒音被害にあう可能性もゼロではありません。 そもそも騒音って?騒音と思う音は人それ…

不動産営業マンっていつまでスーツ着てるの?

ビジネスマンの戦闘服といえばスーツにネクタイ。ビジネス鞄を片手に磨き上げた革靴で颯爽と歩く姿は、まさに企業戦士そのもの。といわれた時代から一転、脱スーツ化に取り組む企業が増えています。毎朝の通勤電車ではオフィスカジュアルに身をまとう人が増え、スーツ量販店ではオフの日にも着回せそうなアイテムを多く目に…

2050年の不動産会社はどうなっている?

 不動産業界に影を落とす2020年問題、2025年問題、その先にある2050年問題。2017年1月に日本銀行が「地域経済報告」の紙面で賃貸住宅市場に警鐘を鳴らしたことにショックを受けた関係者は多かったのではないだろうか。   2050年の不動産業界を語る上で欠かせない2020年問題と2025年問題 …

【本音】外国人に物件を貸したくない理由

「日本で暮らす部屋が見つからない」、「引っ越したいけど次の物件が決まらない」そんな在留外国人の悲痛な叫びを耳にする機会が増えました。物件への希望が日本人より少ないといわれる在留外国人は一見、日本人が好まない物件の空室対策になるように思えますが、そう上手くはいかないようです。一体、なぜ外国人は部屋を借…

【バックアップ】倒産防止共済ってご存知ですか?

"もしも"のときの為に

“もしも”のときの為に 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)とは、取引先の倒産による連鎖倒産や経営難を防ぐための共済制度です。突然の取引先の倒産で被害を受けることの多い中小企業の相互共済を目的に昭和53年に創設されました。平成29年3月末現在の加入者数は約43万、共…