不動産関係者様へ一覧

騒音問題ですっきり解決する方法

 ご近所トラブルの代名詞である騒音問題。初めのうちはお互い様と思えても、何度も繰り返されると「もう限界!でも注意するのも・・・」とストレスは溜まる一方ですよね。賃貸なら不本意ながらも引越すことができますが、転居先で再び騒音被害にあう可能性もゼロではありません。 そもそも騒音って?騒音と思う音は人それ…

不動産営業マンっていつまでスーツ着てるの?

ビジネスマンの戦闘服といえばスーツにネクタイ。ビジネス鞄を片手に磨き上げた革靴で颯爽と歩く姿は、まさに企業戦士そのもの。といわれた時代から一転、脱スーツ化に取り組む企業が増えています。毎朝の通勤電車ではオフィスカジュアルに身をまとう人が増え、スーツ量販店ではオフの日にも着回せそうなアイテムを多く目に…

2050年の不動産会社はどうなっている?

 不動産業界に影を落とす2020年問題、2025年問題、その先にある2050年問題。2017年1月に日本銀行が「地域経済報告」の紙面で賃貸住宅市場に警鐘を鳴らしたことにショックを受けた関係者は多かったのではないだろうか。   2050年の不動産業界を語る上で欠かせない2020年問題と2025年問題 …

【本音】外国人に物件を貸したくない理由

「日本で暮らす部屋が見つからない」、「引っ越したいけど次の物件が決まらない」そんな在留外国人の悲痛な叫びを耳にする機会が増えました。物件への希望が日本人より少ないといわれる在留外国人は一見、日本人が好まない物件の空室対策になるように思えますが、そう上手くはいかないようです。一体、なぜ外国人は部屋を借…

【バックアップ】倒産防止共済ってご存知ですか?

"もしも"のときの為に

“もしも”のときの為に 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)とは、取引先の倒産による連鎖倒産や経営難を防ぐための共済制度です。突然の取引先の倒産で被害を受けることの多い中小企業の相互共済を目的に昭和53年に創設されました。平成29年3月末現在の加入者数は約43万、共…

【注意喚起】スタッフ私物の携帯電話を業務で利用する場合の留意点

業務に必要不可欠な携帯電話。そして、だいぶ前から誰でも持っているのも携帯電話。電話をしない日はないといっても良いでしょう。ならば、社員の携帯電話を業務につかってもらえれば…などと考えている経営者の方はおられませんでしょうか。では、ここで一度、私物携帯を業務で使用してもらうリスクについてみていきましょ…

【生活音?】赤ちゃんの鳴き声は容認すべきか【騒音?】

公共施設や電車の中などでする赤ちゃんの泣き声。子育て経験があったりと理解のある人にとってはたいした問題ではないのでしょうが、この声にストレスを感じてしまう方々も多くいます。それも、電車内など「一期一会」の場であればまだ我慢ができるものの、隣人などの赤ちゃんの泣き声であれば、それはそれは赤ちゃんが成長…

庭でBBQは非常識?

自分でやれば楽しいが、人にやられるとムッとくる。世の中、そんなことばかりですが…居住環境という観点でみた場合、物議をかもすのが「自宅でのバーベキュー」。皆でワイワイ、お肉パクパク、お酒も進む。今回は、お庭で行うバーベキューと近隣住民との関係について考えてみました。 まずは、やる側、やられる側の言い分…

【あり?なし?】狩猟免許を取得してサバイブしてみてはいかが?

動物と立ち向かってサバイブするハンター。最近では「狩りガール」なる言葉も耳にするようになりました。狩猟を始めるには、どのような準備や心構えが必要なのでしょうか? ハンターになるには ステップ1:狩猟免許の取得 ハンターになるには、狩猟免許が必要です。狩猟免許は4種類あり、使用する猟具によって必要な免…

Airbnbでまた事件!?隠しカメラは違法なの?

民泊仲介サイト「Airbnb」は、民泊ビジネスを始めたい世界中の人が注目するサイトです。インバウンド観光の促進や外国人旅行客の増加等に伴い、日本でも益々の需要増が見込める民泊ビジネス。空いている部屋を気軽に提供できるホスト、手頃な価格で宿泊できるゲストともに、利用者は今後も更に増えるでしょう。 しか…