【本音】外国人に物件を貸したくない理由

「日本で暮らす部屋が見つからない」、「引っ越したいけど次の物件が決まらない」そんな在留外国人の悲痛な叫びを耳にする機会が増えました。物件への希望が日本人より少ないといわれる在留外国人は一見、日本人が好まない物件の空室対策になるように思えますが、そう上手くはいかないようです。一体、なぜ外国人は部屋を借りづらいのか、オーナーや管理会社など借り手の本音を探ってみました。

第一関門は日本語の壁か

 言葉の壁はどこの国でもありますが、日本語は特に習得が難しい言語です。入居希望者の母国語で対応できれば良いですが、重要事項説明もある賃貸契約は日常会話レベルの言語では対応しきれません。このような事情もあってか、外国人に物件を紹介しないオーナーや管理会社が多く見受けられます。

日本語はできても外国人NGな理由

 日本語の壁をクリアできれば良いのかというと、そうは簡単にいかないようです。中には、「旦那が外国人だから部屋が借りられない」というケースもあるのです。奥さんが日本人なら問題ないかと思いきや、日本語力に関係なく外国人NGの物件は全体の過半数を優に超えます。どのような面が問題視されているか、大きく3つご紹介します。

室内の焼肉はおいしいけど・・・

室内の焼肉はおいしいけど・・・

1.日本が母国でない故の契約トラブル

「いずれ母国に帰る」。日本を一時滞在国と考える人の中には、母国では決してしない言動に出る人がいます。最たる例は、「国に帰ってしまえば請求されないだろう。」と家賃未納や退去手続を取らないまま帰国してしまうことです。悪質例では、母国の住所を偽ったり日本滞在に必要な書類を偽造したりする人も。一時帰国後の再入国時にビザが下りず強制帰国となり、物件内に荷物を全て残したまま音信不通になるケースも皆無ではなく、貸し手の悩みの種となっています。

2.生活文化の違いによる入居トラブル

生活文化の違いによる入居トラブルは、非常にセンシティブな問題です。例えば、食材や香辛料の香りが隣室まで充満する、お祈りの時間にアラームが鳴り響くといったことは、“日本人に馴染みのないこと”だからこその入居トラブルです。ゴミの分別や収集日を守らない、共有スペースに物を置くといった明らかなルール違反とは分けて考えなければいけず、各国の衣食住や生活習慣の違いが背景にあるため対応が難しく、結果的に「外国人お断り」とする貸し手が多いといえます。

3.概念の違いも関係する入居トラブル

 不特定多数が頻繁に出入りする、室内で大音量の音楽を流して踊るといった入居トラブルに頭を抱える貸し手も多いですが、これはマナー違反である場合と、外国人入居者と日本人の住居に対する概念の差異である場合があります。「自分の“家”に人を招いて何が悪い」、「この程度の音は生活音でしょう」と考える外国人に注意をしても真意は伝わらず、悪意ないままに同じ問題を繰り返してしまいます。日本における常識を懇切丁寧に説明する必要が生じるため、「対応しきれない」と考える貸し手も少なくありません。

うまいんだこれが

うまいんだこれが

生まれ育った環境が異なる人への対応は一筋縄ではいきません。「外国人お断り」を掲げる貸し手には貸し手の事情があり、外国人入居者が「常識範囲内」と思うことが日本人にとっては迷惑行為であったりもします。

増え続ける在留外国人にどう対応していくか、これは独居高齢者への対応と通ずるものがあるのではないでしょうか。ルール違反には毅然とした態度で臨みながらも1人1人の抱える事情にどう寄り添うのか。全入居者にとって快適な住環境をどう提供していくか。これからの時代、貸し手には、多様化社会に向けた柔軟な姿勢が求められるのかもしれません。