水戸市「リニア談合があったので、大林組とごみ処理施設の仮契約は解除。新たに入札します」熊谷組JV「私たち共同企業体にお任せ下さい!」

水戸市で建設が進められている新しいごみ処理施設の処分場をめぐって当初工事を落札した「大林組」との仮契約を解除した水戸市は14日新たに別の共同企業体と仮契約を結びました。水戸市のごみ処理施設の処分場をめぐっては去年11月「大林組」が代表を務める共同企業体が35億4000万円余りで工事を落札して市と仮契約を結びましたがその後「大林組」がリニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件で東京地検特捜部の捜査を受けたことからことし2月に双方が合意したうえで仮契約を解除していました。これを受けて市は先月改めて工事の入札を行った結果、建設会社の「熊谷組」を代表とする共同企業体が32億5000万円余りで落札し14日新たに仮契約を結びました。

続きはこちら
http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20180514/1070002556.html
引用元 : http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526323819/
8.

なんで安くなった?

10.

>>8その分がリベートだったんだろう、ばたばたして適正価格
ゴミ焼却場は総額400億くらい
市役所再建200億、新市民会館300億、新体育館100億
何処に資金があるんだろう?と思うほど

12.

>>835億4千万円で仮契約しておいて再入札ならおそらく予算のそれだけしかないと入札業者は考える。
ガチ勝負なら以前の契約金額より低く入れ札を決める。
後はやりたい業者は頑張るだけ利益削って入れるからおのずと低い額になる。
そして落札したら下請けに泣いてもらう。

11.

これ、1回目の入札時に熊谷組は応札してなかったのか?

9.

仮契約の段階で不祥事を理由に、さらに入札で決めてるんだから何の問題も無い気がするけど、ゴタゴタは生まれるんだろうなあ

引用元: re2ch.com