新居は大丈夫?隠しカメラの見つけ方

新生活を始める住まいに隠しカメラが仕掛けられていたら・・・。卑劣な犯罪から身を守るために知っておいて欲しい、住居内の隠しカメラを見つける方法をお伝えします。

隠しカメラの種類を知ろう

まずは盗撮に使われるカメラについて知っておきましょう。
屋外で最も多く使用されるものは、スマホやデジカメといった私たちに身近な製品です。ズーム機能で撮影されると被害者自身は気づきにくいですが、盗撮犯の不審な動きに周囲の人が気づき、製品本体に保存された盗撮画像や動画から犯人逮捕に至るケースも多いです。
小説や映画で出てくるメガネやカバン、ボールペンと一体型の盗撮機も販売されていますが、明らかに盗撮を目的とした製品のため、これらを所持する人は限られるでしょう。

屋内においては、家具家電などに設置する超小型カメラや、カメラが内蔵された火災報知器型、置き時計型、ライター型などの盗撮機などがあります。置き時計型やライター型はプレゼントされた相手が犯人と気づくことができますが、火災報知器型や設置型の超小型カメラは犯人の特定が非常に難しく、カメラの存在自体に気づけないまま過ごしてしまうことがあります。
特に電源を確保できる場所に設置された隠しカメラは電池交換の必要がないため、犯人が盗撮に飽きるか被害者が引っ越すまで、長期間にわたり被害に遭い続けてしまいます。

隠しカメラには、電波を発信するものと電波を発しないものがあります。また、暗闇でも撮影できる赤外線盗撮カメラも世に出回っています。
本来であれば、防犯目的で使われるはずのカメラを他人のプライバシーを覗き見るために細工された盗撮カメラ。快適で安心な暮らしを守るためにも新居へ入居する前には隠しカメラがないか確認しておきたいですね。

隠しカメラの見つけ方

最も確実な方法は、専門業者に依頼することです。過去にストーカー被害にあった人や盗撮の心当たりや不安が大きい場合、被害を広げないためにも専門業者へ相談することをお勧めします。
また、一部の引越業者では引越荷物の搬入前に盗聴器の設置確認サービスをしているので、新居へ入居する前には、隠しカメラと併せて盗聴器の確認も検討すると良いでしょう。

専門業者に相談する前に自分で確認したい方には、盗撮カメラ発見機「マルチディテクターβ」がお勧めです。この製品は、盗撮カメラや盗聴器の電波を検知する他、電波を発しない盗撮カメラや赤外線盗撮カメラも探知できます。

赤外線盗撮カメラは、スマホやカメラ付携帯でも調べることもできます。

スマホ又は携帯のカメラを起動します。
室内の電気を消して真っ暗な状態にします。
カメラを通じて室内を隅々までゆっくり見て、光る場所がないか確認します。

真っ暗な室内、スマホや携帯の画面も真っ暗なはずですが、光る場所があったら要注意。何が光りを発しているか、近づいてしっかり確認してください。

赤外線盗撮カメラは、スマホやカメラ付携帯でも調べることもできます

赤外線盗撮カメラは、スマホやカメラ付携帯でも調べることもできます

隠しカメラが発見されたら

不幸にも隠しカメラが発見された場合、すぐに警察へ相談しましょう。一部の探偵事務所では、隠しカメラの発見から犯人捜しまで行っていますが、盗撮機を設置した相手は犯罪者です。取り乱した様子やカメラを取り外す姿が映し出された映像をキャッチし、証拠隠滅を図る可能性がありますので、冷静に対応しましょう。

住居内の隠しカメラは、前の住人を盗撮する目的で設置されたものかもしれませんし、実際には誰も映像を見ていないかもしれません。とはいえ、隠しカメラが発見された後の不安と疑念は簡単に拭い去れるものではありません。
一人暮らしの女性は、他人を気軽に家に上げないなど自己防衛も大事ですね。

絶対にやってはいけない