不動産営業マンが備えるべき資格

慢性的な人材不足に悩む不動産業界において、不動産営業マンに求められる知識は多岐に渡ります。営業マンになるために必ず必要な資格はありませんが、即戦力となる有資格者を求める声は高く、仕事の幅を広げる上でも顧客の信頼を勝ち取る上でも資格は役立ちます。
これからの不動産営業マンが備えるべき資格とはなにか、一流の不動産営業マンを目指すあなたにお勧めしたい資格をご紹介します。

キャリアアップは自分の為

キャリアアップは自分の為

資格登録者数が100万人を超える「宅地建物取引士」

不動産取引では、重要事項の説明が義務づけられています。この説明を行うために必要な国家資格が宅地建物取引士(宅建士)です。つまり、宅建士資格なしに契約を交わすことはできません。不動産業界で働く全ての人に必須ともいえる資格でしょう。
宅地建物取引士について詳しく知りたい人はこちら

関連:宅建の勉強時間はどのくらい?
宅建取得の最短ルート?3ヶ月で合格するための3ステップ勉強法!

マンション管理企業で活躍したい人には「管理業務主任者」

管理業務主任者とは、マンション管理組合等へ契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行うために必要な国家資格です。「管理業務主任者試験」に合格して登録した人が「管理業務主任者証」の交付を受けることができます。
管理業務主任者について詳しく知りたい人はこちら

不動産のエキスパート「不動産鑑定士」

不動産鑑定士は、不動産の有効利用を判定し、適正な地価を判断する不動産についての専門家となるための国家資格です。エキスパートと言われるだけあり、高度で幅広い知識と経験が求められる難易度の高い資格です。
不動産鑑定士について詳しく知りたい人はこちら

顧客満足度UPにつながる「不動産仲介士」

不動産仲介士は、「安心して信頼できる不動産業務従事社の選定の目印」となる資格です。営業知識や顧客対応術の習得を通じて、お客様の立場で見て・考え・行動できる真の不動産実務者を育てることを目的としています。
不動産仲介士について詳しく知りたい人はこちら

不動産関連の専門家が扱う法令実務を横断的に学べる「不動産知識検定」

不動産知識検定(リアルエステートアドバイザー認定試験)は、不動産に関わる様々な専門家を対象に、横断的な知識を有す専門家を育成することを目的としています。不動産業者においては、資格取得により「安心して相談できる不動産業者」となるための資格です。
不動産知識検定試験について詳しく知りたい人はこちら

その他の不動産関連資格

〇競売不動産取扱主任者
〇建築物環境衛生管理技術者
〇建築士(1級、2級)
〇古民家鑑定士
〇再開発プランナー
〇敷金診断士
〇賃貸不動産経営管理士
〇土地家屋調査士
〇土地区画整理士
〇任意売却取扱主任者
〇不動産コンサルティング技能試験
〇不動産実務検定
〇ビル経営管理士
〇マンション管理士
〇マンションリフォームマネジャー

このように、不動産業界には多くの資格が存在します。
「資格がなくとも仕事に支障はないし、勉強より現場で実践を積みたい。」と思う人も多いと思いますが、若いうちは現場も勉強も両立できるものです。40代、50代になったときの自分のキャリア形成を考え、20代~30代前半までは大いに学ぶとよいでしょう。若いときの学びは、例え将来的に不動産以外の業種へ転職したとしても必ず役に立つ日がきます。

とはいえ、資格マニアと化して「資格を取ることが目的」にはならないで下さいね。資格はただの紙切れです。合格するまでに何を学んだか、その学びを現場でどう生かし、自分なりに発展させていくかが資格取得の極意、合格証を手にした日からが本番勝負です。

「自分に合う資格が分からない。」と迷った人は、あなたが尊敬する上司に相談してみてくださいね。