【近畿2府4県】平成29年のマンション発売戸数、2年ぶりに増加キタ━━(゚∀゚)━━!!

不動産経済研究所が22日発表した平成29年の近畿2府4県のマンション発売戸数は、前年比4・7%増の1万9560戸となり、2年ぶりに前年実績を上回った。大阪市を中心にタワーマンションの供給が伸びたほか、ファミリー向けなど郊外物件も堅調だった。

契約率は4・2ポイント上昇の76・1%で、好調の目安とされる70%を上回った。近年の工事費などの増加に伴い、1平方メートル当たりの単価は2・3%増の63万円で5年連続の上昇だったが、担当者は「株価上昇や低金利もあり、消費者の購入意欲は依然底堅い」と分析した。

続きはこちら
http://www.sankei.com/west/news/180122/wst1801220065-n1.html 引用元 : http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516661279/
2.

マンションバブルなかなか弾けない。
マンデベが警戒しながら建ててるからな。
不動産ファンドバブル崩壊みたいにはなかなかならない。

3.

人気有るのは駅上、駅横徒歩10分以内だけですよ。

4.

>>3確かに中途半端なマンションはダメだな
駅徒歩10分以内か、逆に徒歩じゃ無理なくらい駅から遠いが自然の多い高級住宅街のマンションしか20年後売れないわ
どっちも高いけど

7.

発売戸数? 出荷するのは勝手だが面倒見れるんだろうな。

13.

バブルと煽って心を落ち着ける貧民層の取り残されたという焦燥感も愉悦

15.

いま中之島や心斎橋周辺が高級住宅街地になりつつある

16.

>>15心斎橋筋商店街の土地値やばいよ
昨年土地の入札案件で商店街通りの物件坪2000万で入札したけど僅差で買えなかった

18.

近畿はのってる。銀行資本がそっち行くよ。期待してろ。分かってる奴は不動産買っとけ。

引用元: re2ch.com