経営者も孤独。でも不動産のオーナーも孤独なんです。

不動産オーナー孤独な立場の人間です

不動産のオーナーのなかには、普段はサラリーマンとして仕事をしていながら、或いは主婦をしながら副業としてアパートやマンションの経営しているケースもあるのではないでしょうか。一人で活動できるために、会社のように仕事の厳しさを分かち合えるような同僚はいませんし、或いは不動産経営では今月はもっと頑張って他社よりも良い成績を出すぞ!といった確固なライバルがいるわけでもありません。

経営が順調な時でさえ、不安は頭をよぎります。例えばアパートやマンションのオーナーをしているならば、所有している物件に空き部屋は出ないか、賃料が滞りなく入金されているか、住人間のトラブルはないか、ローンが順調に返済できているか、経年劣化して老朽化していく物件に入居者をどうやって呼べばいいのか…などなど。

かといって他人に相談相手が見つかることもほとんどありません。経営者に近寄ってくる人間はしばしば一時的にチヤホヤしてくるものの、自分にはデメリットしかない誘いをしてきたり、古い知人であっても経営をしていない人には経営の悩みや苦労はわかるはずもなく、愚痴ることもできません。家族でさえ、経営者の心を理解してくれるとは限らないこともよくあります。

そのような状況の中で、自分の責任と判断で、パートナーである不動産会社のスタッフ又は経営者と協議して最終的には一人で決断しなければならないわけです。

では質問です。

経営者や不動産オーナーの孤独とは解消できない宿命なのでしょうか?
経営者や不動産オーナーが孤独から抜け出すにはどうしたらよいのでしょうか?

答えはノーです。
では現役の不動産経営者や不動産オーナーが行っている事例を紹介します。

経営者仲間を作る

最近では大家さんの会や勉強会がたくさん開催されています。こうした催しに参加することで経営者同士が意見の交換をするなどして、孤独感を解消することはできないでしょうか?オーナーさん同士が会うことで管理会社の集客能力や修繕業者の腕前についての情報交換ができるかもしれません。社交的なオーナーさんであれば、懇親会などで参加者同士が楽しめるかもしれませんね。大家さんの会に参加する人たちは、もちろん経営者ですから、同じ視点から経営者としての悩みを共有できる可能性はありますし、悩みに対しての何らかの解決法のヒントを持っていたり、自分の方向性の修正にもつながるかもしれません。

趣味仲間を作る

同じ趣味を持っている仲間を作ることは、仕事の重圧から離れることができますし、社会的な立場に関係のない人間関係を作ることができて、孤独感は和らぐでしょう。しかも仲間は同業者である必要はないので、利害関係もありません。仕事でありがちな立場の違いから来る遠慮は無く、お互いに趣味について率直な意見の交換が期待できるでしょう。
何より自分が好きな趣味の世界を共有できる仲間がいることはメンタルヘルスの観点からも非常に健康的であるように思われます。
仕事に関わる孤独については解消されることがないという点は考慮しておく必要があります。

経営コンサルに相談する

経営についての悩みを相談したいとすれば、経営コンサルに相談することで孤独感が大幅に解消されるのではないでしょうか。経験豊かなコンサルは相談役のプロですから、経営者が抱きがちな悩みや孤独を理解してくれる可能性は高いでしょう。孤独感が収益が思ったように伸びないといった経営上の悩みであったとするならば、コンサルの手によって収益が改善していき、安心感が得られることで孤独感は和らいでいくことでしょう。一人で抱えがちな経営を相談できる相手がいるということは大いに心強いことでしょう。

孤独との付き合い方

いかがでしたでしょうか?経営者は業務全般に責任を負うがために常に孤独と向き合わなければなりません。孤独との正しい付き合い方を身に着けて、人生という花をよりよく開花させていきたいですね。