【追記あり】SNSで子どもの顔を晒している親たちに告ぐ。危険度を再確認すべき【注意喚起】

可愛い可愛いわが子。親はわが子の姿をいつも見ていたい。一昔前までは、子どもの写真を財布に入れていたりしたものです。時を経てそれが携帯電話の待ち受け画面になり…。そして今、SNS全盛の時代では自分がわが子の姿を見ていたいだけではなく、それを人に見て欲しい!と思う人が増えてきています。しかし、ちょっと待ってください。これは、実は非常に危険なことなのですよ!

悪意を持った人間に画像が扱われるかもしれない

可愛い子どもの画像は、悪意を持った人間からすれば、まさに極上のおもちゃ。いかがわしいコラージュなどに加工され、配布される可能性があります。

写真データからは、様々な情報が分かってしまう
さらに、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像には実にさまざまな情報が記録されています。そしてその中には、位置情報のGPS情報も含まれているのです。子どもの顔が分かり、その子がどこに住んでいるかもおおよそ分かってしまう…。悪意のある人間にこの情報が入手してしまうと、想像するだけで恐ろしい…。

SNSの情報から、親しい人しか知らない情報も分かってしまう

子どものお誕生日などは、SNSにアップするうってつけの題材。ここでは、●●ちゃん、●●歳おめでとう!などと書かれていると思いますが、これも悪意のある人間にとっては利用できる情報です。子どもに近づき、「●●ちゃん、お誕生日おめでとう。プレゼントを用意してあるから、一緒にきてくれる?」などと言われるかもしれません。いくら普段から「知らない人について行ってはダメ」と言い聞かせていても、こう言われると子どもも相手に親しみを感じてしまい、ついて行ってしまう可能性は高くなることでしょう。

家庭の行動予定も分かってしまうSNS

とにかく、旅行の計画やキャンプの予定などイベントごとはSNSにアップしなければ気が済まない方、多いですよね。ここで絶対にしてはいけないのが「ママはお友達と映画に行きます。●●ちゃん、お留守番、頑張って!」など悪意のある人間にわたってしまえば最悪な情報をアップしてしまうことです。

子どもを危険なめに合わせないために…

これを言ってしまえばそれはそうなのですが、一番良いのは「子どもに関する情報は一切SNSに載せない」こと。しかし、それでは一体何のためにSNSをやっているのか分からない、という方も多いでしょう。したがって、最低限下記のことを子どもを犯罪から守るためにやっておくようにしましょう。

●家の場所が分かってしまうような背景の写真の掲載は避ける
●写真撮影ではGPS情報等が記録されないように設定をしておく
●子どもの顔にはぼかしやモザイクをかける、もしくは後ろから撮影するなどをしておく

いや、本当に、それにしても嫌な時代になったものです。昔の日本では、例えば雑誌の投稿などは投稿者の氏名や住所もばっちり記載されていたものでした。それでも、その情報から犯罪につながったという話は聞いたことがありません。SNSというツールの仕組みも危険なのでしょうが、それを利用する人の気質にアブなさが増してきているのかもしれません。

撮影場所などを特定できるEXIFとは

EXIFは、デジタルカメラで撮影された写真に、撮影時のさまざまな情報(メタデータ)を埋め込んで保存するための画像ファイルのフォーマットです。 Exchangeable Image File Formatの略で、日本語ではEXIF(イグジフ)と呼ばれます。

最近のデジカメやスマホは全てEXIFに対応しており、 撮影された画像にはEXIF情報が埋め込まれています。 EXIF情報には撮影日時や使用機種(カメラ名)などの他に、シャッター速度や絞り、ISO感度など撮影時のカメラの設定が記録され、 スマートフォンなどのGPSに対応している機種では撮影場所の経度や緯度、高度なども記録されます。 また、撮影した画像を縮小したサムネイル画像も埋め込まれています。

EXIF情報には様々なデータが含まれているため、 他の人が撮影した写真の撮影時の設定などを参考にしたり、自分が撮影した写真を後から見直したりするのに大いに役立てることができます。

一方で、インターネット上に画像を公開する場合には、意図せず他人に個人情報を公開してしまうことにもなりかねないので注意が必要です。 特にGPS情報が埋め込まれている場合は緯度・経度の情報から住所を特定することもできてしまうため、 それが公開して良いものかどうかを良く確認し、公開したくない場合は画像ソフトなどでEXIF情報を削除する必要があります。

twitterやfacebookなどのSNSサイトでは、現在では個人情報保護のため、画像投稿時に自動でEXIF情報が削除されるようになっていますが、 ブログではそのまま公開される場合が多いようです。 また写真共有サイトなどは逆に投稿された画像のEXIF情報を表示する機能が付いている場合も多く、 撮影時の設定などを参考にできるようになっています。

参照元:TETRA

EXIFを簡単に調べる方法

RXIF確認君

画像から撮影場所と日時をオンラインで調べる方法

https://qiita.com/k-holy/items/b8ca56d8026413dd1878

撮影時に写真へ記録される「EXIF情報」の削除方法

http://michisugara.jp/archives/2012/exif.html

写真の位置情報を消して住所バレを防ぐ方法

https://securitynavi.jp/2907

2017/10/14 追記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です