【決着】ベランダの喫煙はNG?

皆さん、たばこは好きですか?私は大好きです!一人暮らしでいつも、換気扇の下でモクモクとしています。部屋がたばこ臭くなるのは嫌ですから…。部屋以外で吸う選択肢は、換気扇の下かベランダ。でも、ベランダはなんとなく吸ってはダメな気がしていて、いまだベランダで吸ったことはありません。…私のこの選択、じつは結構正しかったようです。ベランダでの喫煙は、問題があるケースも多いようです。ここでは、ベランダでの喫煙について、解説していきます。

いきなり結論!ベランダでの喫煙はダメ?

これを考えるには、「賃貸住宅におけるベランダ利用に関する権利」について知っておく必要があります。ベランダは、廊下と同じ共用部分と位置づけされています。しかし、その取扱いは廊下部分と全く同じというわけではありません。「借りた人だけが使用できる」という「専用使用権」が認められているのです。それはそうですよね、気が付いたら自分の部屋のベランダに隣の住人が入っていたなんてことは、問題ですもの。つまり、ベランダとは「部屋の住人が好きに使用して良いが、使用方法については物件の規定に従わなければならない」場所であるのです。結果、ベランダでの喫煙は「契約内容にベランダでの喫煙は禁止すると書かれていればNG」となります。喫煙について記載のない場合は喫煙がOKですが、「干している洗濯物に臭いがうつった!」と苦情がくることは大いに考えられます。

隣人のベランダにおける喫煙にお悩みの方は

洗濯物や布団を干すとたばこの臭いが付いてきてしまう、生まれたばかりの子どもがおり、たばこの煙が入っては嫌なので部屋の窓を開けられない、すがすがしい昼間に部屋を換気してもたばこの煙が入ってきてしまい、気分が台無しになってしまう…。隣人のベランダでの喫煙にお悩みの方が、この問題を解決する方法は主に次の3つになります。

<解決法①:管理会社に依頼をする>

管理会社にお願いし、「ベランダでの喫煙など、他の居住者の迷惑になる行為を控える」という旨の記載された貼り紙を掲示してもらう。

<解決法②:相手に手紙を書く>

次に、喫煙している相手に手紙を書くという手法があります。ここには、「ベランダ喫煙による健康被害の可能性とそれに対する不安」を記載し、ベランダでの喫煙をやめて欲しい旨を記載します。

<解決法③:弁護士に依頼をする>

問題解決を弁護士に依頼する方法としては、「弁護士名による内容証明郵便」を送ることが挙げられます。ベランダでたばこを吸われることにより、健康被害が生じており、ただちにやめてもらうように通知するのです。また、簡易裁判所での民事調停を申し立てる方法もあります。

やはり溝の深い喫煙者と非喫煙者。ルールを守るということは大前提で、さらにはやはり「人の生活を乱さない」というモラルを持つことも喫煙者には必要でしょう。喫煙者がたばこを吸いたい欲求と、非喫煙者がたばこをやめて欲しいと思う欲求は同じなので、やはり「迷惑をかけてしまう可能性のある側」が配慮をすることが、どうしても必要になってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です