【こんなやり方】ペット不可物件をペット可にする方法をユーザーは知っている

実家ではペットを飼っていたのに、今は一人暮らしでペットと離れ離れ。休みのタイミングで実家に帰り、愛しのペットと遊ぶのが何よりも幸せ。もういっそ、今の住まいでもペットを飼ってしまおうか!…こんな方、多いのではないでしょうか。しかし、賃貸住宅はペット不可物件も多く、なかなか思うようにはペットを飼うことができません。でも、抑えられない衝動が沸き上がってきた場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは、ペット不可物件をペット可物件にする方法を紹介します。

ペット可物件にする方法の前に!増えてきているペット可物件紹介物件サイト

 最近では、ペットが飼える物件を紹介しているサイトも増えてきました。例えば、「ネコ可」物件サイトでは、次のようなものがあります。

<ねこべや.com>
http://neko-beya.com/
その名もずばりの東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城の猫可物件を多数掲載しているサイト。ここで紹介されている物件は、猫がベランダに出られないように金網で覆っているなど、猫と人が安心して共生できるような工夫がなされているものもあるようです。

<しっぽ不動産>
http://www.shippo-fudosan.com/
なんともキュートなネーミングのサイト。ここでは、ペット可物件と共に、「猫付きシェアハウス」なるものも紹介されています。シェアハウスの先輩住猫としてニャンコがあなたを迎えてくれます。

ペット可能物件にする方法

これはずばり!大家さんとの交渉になるかと思います。物件の所有者は大家さんですので、ペット可、不可の決定権はもちろん大家さんにあります。また、入居者も交渉をすることはできます。もちろん、ダメの一点張りかもしれませんが、あなたの熱意に打たれ、OKとしてくれる可能性もあります。交渉をする際は、ペットの種類と大きさ、頭数をきちんと、正直に伝えるようにしましょう。

やはり、費用はそれなりにかかりそう

入居時に物件がペット可になった場合、例えば敷金を一月分多くおさめる、また退去時には壁紙を全部張り替える、など条件が提示されることもあるようです。もちろん、家賃も高くなるかもしれません。

他の入居者にも気を配る必要があり

ペット不可物件を目的として、入居している方々ももちろんいます。例えば、猫アレルギーの方などはそうでしょう。各種動物アレルギーを持っている方が入居されている際は、いさぎよく諦めた方が良いかもしれませんね。

道のりは険しそうですが、トライする価値あり!

どうやら、ペット不可物件をペット可物件にする道のりは険しそう。しかし、完全にダメな訳ではありません。ペットの種類や大きさにもよりますしね。そして険しい道のりを超えた後に待っているペットとの生活。ペット飼育衝動が抑えられない方は、レッツトライ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)