東京の不動産はハイリスク・ハイリターン?

その地価は世界一高いともいわれる東京。ざっと不動産関連のホームページを閲覧しただけでも、軒並み高額な物件が並んでいます。魅力的な不動産が多い一方で、失敗した時のことを考えるとなかなか手が出せない…という方も多いのではないでしょうか。最近では、東京の不動産に見切りをつけて、海外に進出する事業者も多いようです。

近年、インターネットを介したサービス、情報の流通が盛んになっているので、地方にいながらにして都心部の不動産情報をチェックすることも容易です。その気になれば、アジアを中心として、海外諸国のローカルな情報にアクセスすることも可能。不動産業は、契約に至るまでは情報戦がメイン。可能な限り豊富なチャンネルを確保しておきたいところですね。

正確な情報さえ得ることができれば、東京、大阪、名古屋、福岡…どの地域においても不動産を適正な価格で的確なタイミングで売買することができます。遠方の物件だから、あるいは国外の物件だからといって必要以上に萎縮する必要はありません。逆に言えば、一見したところ手頃な、近場に位置する不動産でも、必要な情報無しに手を出すのは危険。安全性を担保するのはあくまでリサーチの精度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)