コストパフォーマンスに優れたホームページを仕入れる方法

質の高いWEBサービスを展開したいのであれば、ホームページは他社から仕入れた方が良いでしょう。プロのサポートのもと、集客力&成約率に優れたコンテンツを構築するわけですね。
デザインはもちろん、維持・管理、SEO対策など、全て業者に代行してもらうことも可能。
専門知識はほとんど不要です。

ただし、ホームページを仕入れる際には、最低限下記のポイントに留意してください。

■簡易的なサイトであればテンプレートで十分

費用を抑えたい、安くサイトを仕入れたい、そんな方には「テンプレート」がおすすめ。
テンプレートとは、ホームページの「雛形」のこと。
デザインや構成などの大枠が決まっていて、中身(コンテンツ)だけを書き換えるサイトを指します。

テンプレートを利用すれば、質の高いホームページを手軽に作成可能。見た目にはプロのデザインと遜色ありません。
不動産事業者向けのテンプレートも豊富にありますし、加工・修正に専門知識も必要ありません。

テンプレートは数千円~数万円という価格で販売されていますが、一部は無料で利用できます。
サーバーにアップロードする知識があれば、個人で管理することも容易。
実際に個人事業主や中小企業はかなりのケースでテンプレートを利用しています。

■1ページで多くのアクセスを稼ぐセールスレター型

検索サイトで上位に表示されるような優良コンテンツを作成するためには、最低でも数十ページのボリュームが求められます。WEBデザイナーにデザインを依頼し、ライターにコンテンツ制作(コピーライティング)を依頼、さらに毎月の更新…などなど、費用も手間もかかります。

その点、セールスレター型のホームページなら、1ページでかなりの集客力を期待できます。
セールスレター型とは、縦に長い(セールスレターのような)デザインのこと。
数千字~数万字という「長文」で訴求効果を発揮し、サービスや商品を効率良くPRします。

ただし、セールスレター型デザインでアクセスを集めるためには、かなりのノウハウも必要。
まず「読み物」として魅力的でなければ、ネットユーザーを成約に導くことはできません。
「長文を読ませる」という性質上、プロのWEBライターによるサポートも必要です。
とはいえ、ライターの執筆料は世間一般で考えられているほど高額ではありません。
数万円~10万円程度の予算を確保できれば、ホームページ上でかなりクオリティの高い
読み物を提供できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)