物件地図表示の注意点!ホームページ管理の心得

集客の手段としておすすめの「物件地図表示」機能。自社サイトへの導入を検討していただけたでしょうか?ただし、地図表示を行う以上は、次に挙げる点に留意してください。まず、情報は常に最新のものを維持(更新)すること。どれだけ分かりやすい形で位置情報を表示しても、内容に誤りがあればお客をミスリードしてしまうだけです。地図を見たうえで直にその場へと足を運ぶ(下見する)お客も多いので、「無駄足」を誘発しないようにご注意を。情報の精度は企業の信頼性に関わることでもあります。

地図表示機能は、必ずしも多機能が良いとは限りません。むしろ必要最低限の仕様で、「使いやすさ」を重視することが大切。また、地図機能ありきのWEB設計にも問題が生じやすいです。あくまでサポート的な役割を担うものであり、ページ上の要はやはりコンテンツ(物件情報)です。

事実、大手ポータルサイトの中には、地図を表示するバージョンとそうでない簡略版、2つのページを並行して運営しているところもあります。一方で、地図表示と検索機能を組み合わせて、物件をより分かりやすく表示するよう配慮がなされているサイトも多いです。地図機能の仕様は管理ソフト、CMSによっても異なるので、十分に吟味してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)