「物件コンバート」を効率化する方法

自社で不動産サイトを管理する場合、最も手間を要するのが「物件コンバート」の作業。物件コンバートとは、ネット上に掲載する不動産情報を更新・修正するなどの「登録作業」を指します。特にポータルサイト上で公開する不動産情報については、その業務をいかに効率化するか、多くの企業が頭を悩ませているようです。

特に、普段はあまりITに関連する業務をこなしていない方にとっては、かなり面倒な業務に思えるかもしれません。ポータルサイトではコンバートに必要な「フォーマット」(形式)がそれぞれ定められているので、その内容に沿った形で情報を更新・登録しなくてはなりません。同一の物件でもコンバートの方法が各サイト上で異なるわけですね。

こうした作業を効率化する方法としては、専門業者への代行依頼の他に、専用ソフトを用いた一括管理、作業の一元化が挙げられます。データの入力形式を変えることなく、様々な形で出力し、各ポータルサイトに適合した情報として登録・更新を行います。もちろん、自社サイト上で公開する物件情報についても、容易に更新・修正が可能。テンプレートとしてデザインが洗練されている点も大きな魅力です(特定の情報が不足したり、または過剰に提供される恐れがありません)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)