不動産物件画像掲載数が問合せ率を向上させる

自社ホームページに掲載している物件画像はどれくらいがよいのか?

結果から言うと物件画像数は多ければ多いほどよいでしょう。
当たり前の話ですがそれが実行できていない不動産業者がとても多いです。
理由はさまざまです。

「そんな時間ないよ」
「それは私の仕事じゃない」
「バックヤードの子に任せたんだけど写真がイマイチなんだよね」

よくわかります。
でも不動産物件は不動産業者によっては大事な商品です。
商品の画像をなぜ自社ホームページに掲載しないのでしょうか。
賃貸物件でも数万円の商品、売買物件では数千万にもなります。
その主力商品の画像を数枚掲載しただけで問い合わせが来るわけがありません。
(よほど魅了的な立地で低価格なら別ですが)

どのような写真を取れはよいのか?

例えば私がエンドユーザーでマンションを探しているとします。
私が見たい写真は以下の箇所です。

・建物の外観(昼間と夜)
・建物の近隣施設
・建物の周りの風景
・エントランスやロビー
・集合ポスト
・駐車場や駐輪場
・共同ゴミ捨て場
・廊下
・玄関やドアモニター
・室内の細部(カーテンレールやコンセントの位置など)
・浴室
・トイレの細部(ウォッシュレットや暖房便座の有無)
・各部屋の隅々まで(照明位置、コンセント、クローゼットの中まで)
・バルコニー
・角部屋からの眺め

何枚くらいの画像を掲載すればよいの?

最低でも30枚以上の物件画像を掲載することをおすすめします。
可能であれば50枚以上あれば他社との差別化にもなるでしょう。
また、画像サイズは最低でも640ピクセル×480ピクセルにすると見やすくなるでしょう。

どんな機材(カメラ)を使えばいいのか?

最近のデジカメはかなり高性能で安価で買えます。
2万円前後のカメラで十分です。手ブレ防止のため三脚も用意しましょう。

不動産物件画像を上手く撮るコツ

外部サイトになりますが、写真の撮り方がわかりやすく解説してあるホームページです。

室内写真を広く明るくキレイに撮るための簡単な方法
今すぐできる入居促進術 ~物件の見せ方編
不動産撮影テクニック

御社の競合他社の物件画像数が少ないうちがチャンスだと思います。
エンドユーザーは物件画像を見たくて御社のホームページにアクセスしているのですから。

ではいつやりますか?
今でしょ!(古い)

執筆者:野島
みんさん!お正月はどのように過ごされましたか?
私は久しぶりにAVA(無料オンラインゲーム)じっくりやってリフレッシュしました。
PS4の発売日が待ち遠しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)