【ドイツ】ベルリンで家賃値下げデモ行進!

【ドイツ】ベルリンで家賃値下げデモ行進
【ドイツ】ベルリンで家賃値下げデモ行進

【ドイツ】ベルリンで家賃値下げデモ行進

少なくても6,000人の人々がベルリンで家賃値下げデモ行進を行った。

二つの意見が対立している。それはビジネスライクに考え利益を求める企業側vs自治体や国を支えるという意味での低い家賃の供給を求めるデモ参加者。

シティはベルリンの壁崩壊後の1989年以降は、元共産主義の貧困層にもオープンに対応してきた。

その影響もあり人口は順調に拡大し、2004年の339万人から360万人まで増加した。

不動産グループのCBRE BerlinとGerman mortgage bank Berlin Hyp AGの最近の調査によると平均的なベルリンの家賃は過去10年間で月約1,250円(?10)㎡も値上げしていることが分かった。

ベルリンの安い賃貸エリアに33年も住んでいるポールさんはここ7年で賃貸のオーナーが7回も変わり、賃貸は月€415~€750ものレンジで動いているという。

デモ(キャンペーン)の代表者でもあるタハリさんは政府が不動産マーケットの落ち着かせようとした試みは失敗したと語っている。

多くの人はこれは典型的な階級闘争だと言っている。

私たちがはじめたことではない。

我々は階級闘争から守るために行っていると語っている。

批評家は過激な動きは投資家を怖がらせてここでビジネスをして新たな雇用を生まなくなるかもしれないと話している。

不動産の家賃をマーケットやビジネスだけに任せるのではなく

コミュニティーの健全な維持および落ち着いたマーケット市場を望んでいる。

参照元:https://news.yahoo.com/germans-protest-against-rent-insanity-seek-expropriation-130824564.html