【驚愕】実家を「2022年までに売らないとヤバい理由」がこちら → ヒェッ…

"実家"は2022年までに売らないとヤバい

今から50年ほど前の高度成長期、地方から都会へ働きに出た農家の次男坊三男坊にとって郊外にマイホームを持つというのは夢だった。必死に働きローンを支払い両親がやっと手にした念願のマイホーム。そんな実家を相続するとなったとき、不動産というだけでそれなりの資産価値がある気になるのも無理はない。しかし、これからの時代それはむしろ「負の遺産」不動産ならぬ「負動産」という重荷になるかもしれないのだ。

続きはこちら
http://president.jp/articles/-/25677 引用元 : http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532465293/
2.

実家というか、東京でも2020過ぎたら価格はかなり落ちるだろ

39.

>>2買える人が極端に減るからな
もっぱら投資目的だけの物件と化す

もちろん投資なんざにゃまったくならんゴミ物件なわけだが

63.

>>2一括りに東京って言っても都心は下がんないよ

3.

人口は減るし、マンションはがんがん建ってるし、
日本人は別荘、セカンドハウスなんてあんま持たないしな。

11.

>>3マンションは商品であって住むこと考慮してない業者のネタ

4.

はいはい、暴落暴落w

5.

要はエレベータ無しの住宅は住みたい人が居ないという事な
外付けできるエレベータがあれば売れるかもね

6.

東京都内でも企業が一極集中なんだね
ニュータウンの土地を安く買い叩いて職場を作りゃいいじゃん
職住至近で楽々車通勤は地方なら常識

7.

都内はますますカッペリーニが集まるだろうから
値下がりしないだろ

8.

田舎者は来るなよ

9.

首都圏の話ね。 でも冗談じゃなく東京の人で金がある人はちょっと田舎にセカンドハウス持
っておいた方が良いと思うね。首都直下地震時の一時的な避難場所としても休暇時の別荘とし
ても。

24.

>>9うーん、無理だね。
郊外でも30~40坪ほどしかない、
庭があるかどうかも怪しいレベルの家ばかりだから。

災害用のセカンドハウスなんていっても、
昔の住宅は耐震性ボロボロだし、かえって危険かもね。

井戸や畑がついているような田舎の家でもないから、
災害にはかえって弱いかもね。

10.

田舎なんて今でも売れないよ人生、家のローンで終るのな車も新車買っても6年後には二束三文!

13.

オレは逆の意見だね。むしろ五輪後の
大不況で日本人の新築絶対主義が崩壊して
中古物件をリニューアルして住む人が増えると
思う。

19.

>>13戦後は、質より量という時代がずっと続いたので、
リフォームしてまで住める家ってほとんどないんだよ。

断熱性や、生活動線、耐震性なんかを考慮していくと結局立て直しになるんだな。

44.

>>13大不況はないな
人手不足なのに都内の再開発案件は凄まじ

14.

築90年の実家だが売れないよw

17.

場所の問題だろ

18.

大暴落まで家を買うのやめてんだよ
でも、実家は、
分かってても、どうにもならないんだよ。
親が住んでんだよ。
受け継ぐまでどうにもなんないんだよ。

93.

>>18都心に余りそうなマンションに住み替えろ、じゃないの?
今のうちにニュータウンの家を売らないと暴落するぞと住み替えを煽ってる

22.

駐車場も安くならんかな

23.

都市部の便利さを捨ててまで郊外に住む人は、
他人の住居との距離感が欲しいとか、
人混みが嫌いとか、広い家に住みたいって欲求があるわけ。

それなのに、戦後に分譲された郊外の住宅地は、
郊外なのに狭苦しい作りだし、家と家の距離をギッシリ詰め込んでいるので、
普通に隣の家の生活の音が聞こえたりする。
トイレやシャワーの水の音とか、テレビの音とか聞こえちゃうレベル。

こんなの売れるはずがないよなって、少し考えればすぐにわかる。

16.

正確には2019年の春までに売らないと大暴落間違いなし。

引用元: re2ch.com